赤ちゃんの泣く理由について

Pocket

こんにちは。

赤ちゃんはなぜ泣くにでしょうか?

「泣くのが仕事?」

「成長のため?」

泣くことの理由を一つにしていませんか?

嬉し泣き、悲しみ泣き、痛いなき、お腹がすいた泣きなど泣くにもたくさんの理由があるんです。

育児は自由です。

信じるも信じないもあなた次第です。

赤ちゃんが泣く理由

目次

  1. なぜ泣いているの?
  2. 泣き声を聞く。
  3. 消去法で泣いている理由を見つける。
  4. それぞれの解決法

1、なぜ泣いている?

赤ちゃんにとって泣くという事は

泣く=会話

です。赤ちゃんは泣くという事で言葉を意思の疎通をしているのです。

赤ちゃんが泣くには全てに理由があります。

なので、

泣く=お腹が減った

という認識だけでは赤ちゃんは満足しません。

泣いたらとりあえず授乳していると答えるママが多いです。

30分や1時間でお腹は空いたとは考えられません。

泣く=お腹が減った

ではないとするといったいなぜ泣いているのでしょう?

考えてみましょう。

あなたはどんな時に涙を流しますか?

  • 感動した時
  • 嬉しい時
  • 悲しい時
  • 怒った時
  • 痛い時

声を出してまで涙が出るときはどの感情ですか?

大声をあげて泣くときは悲しい時、怒った時、痛い時ですね。

感動した時や嬉しい時は案外大声では泣かないものです。こぼれ出る幸せの涙をかみしめながら静かに泣いています。

赤ちゃんが大きな声を出して泣いている時は不満に思うことがある時だという事です。

赤ちゃんが泣くという事は、

泣く=不満=要求

なのです。

何に対しての不満なのかを次回は考えていきます。

 

 

 

 

 

 

Pocket

赤ちゃんの泣く理由について」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 泣いている理由は簡単に分かる | ニコベビー流まんまる育児

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください