赤ちゃんの姿勢で分かる笑う子泣く子2

Pocket

こんにちは。

前回、もう一つ紹介したかった姿勢がありました。

その姿勢になりやすい道具の使い方についてお伝えします。

この道具も本来の使用ではとても良いものです。

まんまる寝具として長時間使うことはニコベビーではおススメしていないだけです。

SuGuNeを使用している赤ちゃんには正規のバウンサーとしての使用以外には使わないでいただいています。

使い方の工夫も含めてご紹介します。

育児は自由です。

信じるも信じないもあなた次第です。

バウンサーを寝具代わりに使う

目次

  1. メリットとデメリット
  2. バウンサーで寝ている赤ちゃんの姿勢
  3. ニコベビー流の使い方
  4. ニコベビーがおススメしている道具

1、メリットとデメリット

ニコベビー流のまんまる育児の考え方としてのメリットとデメリットです。正規の使用目的としての考え方ではありません。

メリット

  • 揺れることでの安心感
  • 体にフィットする大きさでの安定感と安心感
  • ちょっとした用事の時に寝かせて置ける
  • 腰が丸くなるので腰が楽で気持ちがいい
  • 軽いので持ち運べる

寝具を部屋ごとに持ち運ぶよりコンパクトで移動しやすいのが一番良いところだと思います。

平らな場所よりも体は丸くなり、体にフィットする大きさも赤ちゃんにとっては安心します。

少し立て気味に使用するとママも見えるので不安にならないところも良いところです。

デメリット

  • 背中が丸くならない
  • コシだけが丸くなりやすく姿勢はJの字になりやすい
  • 長時間寝かせておくと疲れやすい

やはり問題はCの字カーブで寝られないことにあると思います。

このデメリットは工夫次第である程度改善されます。

毎日寝具として使うには問題があると思いますがちょっとだけの時間に寝かせておく道具としてなら良いのかもしれません。

2、バウンサーで寝ている赤ちゃんの姿勢

バウンサーで寝ている子の姿勢です。

バウンサーです。ここに赤ちゃんを寝かせます。

腰が沈んで丸い姿勢に見えます。

それではこの写真でチェックしていきます。

バウンサーの形状を観察すると腰のあたりが沈みそこから背中にかけて平らになっていると思います。

手で傾斜部分を触ってください。

腰あたりが一番深いところになります。そこを軸にお尻が上がっていると思います。結構な角度で上がります。

腰から足の方向にも触ってください。

自然なCの字カーブが描けているように見えますか?

僕には背中が真っすぐ平らで腰だけ丸くされているように見えます。

さらに腰が張っていることで足の緊張が抜けずに伸びているように思います。

バウンサーを使っているけど姿勢に違和感を感じている方は多くこの姿勢を見せて説明するとスッキリと納得される方が多いです。

ニコベビーに来店される方は本当に細かなところまで気にしています。

3、ニコベビー流の使い方

もし、バウンサーを使用していくのであればこんな方法をおススメします。

仰向けに寝かせるのではなく横向きに寝かせます。

背中のCの字カーブを保ちやすくなります。さらにバウンサーと体との間はタオルなどで密着させることにより安定感が出ます。

このままでは落ちてしまう恐れがあるので落ちないようにあっきースリングをベルトのように使います。

肌掛けとして余ったテールを使いました。

バウンサーの正規の使用方法ではないため安全を確かめ自己責任でお試しください。

ニコベビーでは事故やいかなる損害を受けた場合でも一切の責任を負うものではありません。

4、おススメしている道具

ニコベビーではSuGuNe以外の道具を基本的には使用しないでいただいています。

しかし、重たいSuGuNeの移動は大変なために昼寝用などの時は座布団を利用していただいています。

何枚か重ねて厚さを作りCの字カーブが保てる様にしていただいています。

寝かせ方は仰向けです。詳しくはレッスンでお答えしています。

バウンサーの使い方も座布団での使い方も全て自己責任の上お試しください。

ニコベビーでは事故やいかなる損害を受けた場合でも一切の責任を負うものではありません。

なによりも赤ちゃんの姿勢が反り返っていたりギャン泣きの激しい子などはまず体を改善する必要がありこの使い方はできません。

その場合はレッスンを受けることをおススメします。赤ちゃんに合った最善策見つけていきましょう。

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください