仕事抱っこにならないために

Pocket

こんにちは。

仕事抱っこをするなと言われても抱っこしないと泣き続ける赤ちゃん。

そもそも新生児の時から仕事抱っこしていましたか?

思い出してみてください。

多くのママは愛情抱っこしていたと思います。

何時から仕事抱っこするようになったのでしょうか?

仕事抱っこにならないために赤ちゃんの変化をお伝えします。

育児は自由です。

信じるも信じないもあなた次第です。

愛情抱っこのままで

目次

  1. 愛情抱っこが仕事抱っこに変わる時
  2. 赤ちゃんの姿勢の変化
  3. 赤ちゃんの姿勢を変えるダメな抱っこ

1、愛情抱っこが仕事抱っこに変わる時

生まれたての赤ちゃんは泣いてもかわいくていつでも愛情抱っこできていたことでしょう。

2週間を過ぎる頃になると出産時の疲れを感じるようになり少しだけ辛そうに泣き出します。

1カ月になるころには泣き声も大きくなり抱っこをすることで落ち着き泣き止みます。

1カ月半から3か月の間でギャン泣きが始まります。

6か月以降からはエンドレスに仕事抱っこになり、3才になっても抱っこで寝かせつけをすることになることもあります。

この月齢設定は長女の育児での記録です。

実際に体験すると頭がおかしくなりそうでした。

赤ちゃんの多くの事件は泣き止まない、寝てくれない、言うことを聞かないが多いいのが現実です。

当店のSuGuNeをご利用の赤ちゃんも2週間ごろに泣く子がいますが問題はありません。

出産はママだけでなく赤ちゃんにとっても命がけの出来事です。

疲れるのが当たり前です。

1カ月検診後にママの体力が戻ってきたころにレッスンを受けていただいています。

遠くて来られない方は近くでべびぃケアを探していただいてもよろしいかと思います。何しろママと赤ちゃんの体や姿勢のことを専門で見ていただけるところに行くことを強く勧めます。

僕の体験からして1カ月半ぐらいから仕事抱っこに変わっていったように思います。

だんだんと抱っこしている時間が増えて来たらレッスンやべびぃケアを考えてみることをおススメします。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください