赤ちゃんの寝る姿勢について

Pocket

こんにちは。

赤ちゃんはいつもどんな姿勢で寝ていますか?

せっかくスリングで寝かせても布団に寝かせると起きてしまうことありませんか?

以外に多くのママ達が布団で寝かせることについて悩んでいます。

そこでどうして布団では寝かせてくれないのかを考えていきましょう。

育児は自由です。

信じるも信じないもあなた次第です。

赤ちゃんが寝る理想の姿勢

目次

  1. 寝ている姿勢をチェックしてみよう。
  2. 気持ちよい姿勢とは
  3. 理想の姿勢の目的
  4. まとめ

1、寝ている姿勢をチェックしてみよう。

あなたの赤ちゃんはどの姿勢で寝ていますか?

手は胸の前、足はM字開脚

 

両手はバンザイ、両膝が広がっている偽Mの字開脚

 

頭は右(左)向き、片手バンザイ、肘と膝の位置が非対称

大きく分けるとこのタイプに分かれます。

赤ちゃんの寝かせる姿勢で考えるとどれがいいのか分かりづらいですね。

なので大人の場合で考えてみましょう。

どの姿勢があなたなら気持ちよく寝られそうですか?

抱き枕ありで横向き姿勢

 

抱き枕なしで横向き姿勢

 

大の字、仰向け姿勢

 

真っすぐ、仰向き姿勢

 

うつ伏せ姿勢

 

僕は抱き枕をして寝るのが1番に思います。

皆さんはどの姿勢がラクに寝ていられますか?

大人は寝返りがえりをして疲れたら姿勢を変えて寝ます。

しかし、赤ちゃんは自分では寝返りが出来ないため長時間同じ姿勢で過ごすことになります。

赤ちゃんはどの姿勢が良いのか?

抱き枕をしない姿勢で寝ると疲れます。横向きの姿勢を保つ抱き枕の存在は寝心地を格段に良くしてくれます。

寝てしまうと体の力が抜けるので支えがある方がラクになります。

抱き枕の姿勢に注目してください。

手は胸の前、足はMの字開脚、背中は丸くなっていますね。

人間はこの姿勢が一番寝るために楽な姿勢なのです。

よって、赤ちゃんの寝る姿勢は最初の写真の姿勢になります。

次回は気持ちの良い姿勢についてお伝えします。

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください