授乳後のゲップについて

Pocket

こんにちは。

なかなか授乳後にゲップが出なくて困っていませんか?

ゲップのさせ方も統一されていないため聞く場所や人によってさまざまな答えが返ってくると思います。

自然に考えればとても簡単なゲップの仕方についてお伝えします。

育児は自由です。

信じるも信じないもあなた次第です。

ゲップの仕方について

目次

  1. ゲップは必要なのか?
  2. ゲップの姿勢
  3. ゲップ時の注意点

1、ゲップは必要なのか?

母乳の場合はそれほど空気を吸わずに飲めるので5~10分ぐらいさすってあげればいいと言われています。

ミルクの場合は哺乳瓶から飲むときに空気もいっしょに吸い込むことでゲップさせる必要があると言われています。

赤ちゃんにより上手に飲める子もいますし、おならとして出たり、血液中に溶けたりすることもあります。

ゲップをさせることについては赤ちゃんを見て必要性は判断した方が良いのかと思います。

但し、5~10分くらいは背中をさすってあげてください。

これは赤ちゃんのマッサージになり体の緊張がほぐれるからです。

ニコベビーではゲップが出ようと出なかろうとマッサージの代わりになるので授乳後は背中をさするようお伝えしています。

2、ゲップの姿勢

気持ちよくゲップさせてますか?

写真で説明していきます。

正しい姿勢横向き

正しい姿勢縦向き

赤ちゃんの姿勢

ニコベビーではNG姿勢

ゲップはあなたが気持ち悪い時に吐くときを想像してください。

あなたが気持ちよく吐ける姿勢は赤ちゃんにとっても気持ちよくゲップが出る姿勢に感じませんか?

3、ゲップ時注意点

  1. ママの姿勢
  2. 赤ちゃんの姿勢
  3. 赤ちゃんの体重はママに預ける
  4. 赤ちゃんの首を持たない
  5. 赤ちゃん胸を圧迫させない
  6. 叩かないで下から上にさする
  7. 5~10分程度優しくさする

気持ちよくゲップするためにママは安定した場所を提供する必要があります。

しっかりと授乳の姿勢でゲップもさせましょう。

想像してください。

首を持たれて胸を押さえつけられ叩かれたら吐けますか?

ゲップは出るかもしれませんが優しくありません。叱られてるみたいです。

ゲップは空気です。

包み込むように体を支え、自分に体重を預けさせて空気を胃から口に向かうようにさすりましょう。

優しく下から上にさすることでマッサージになりますので体ほぐしにも効果的です。

体の緊張が解け柔らかく丸い体になりますよ。

ゲップは特に気にすることもなく行っている方が多いと思いますがあなたのゲップのさせ方はどうですか?

もっと詳しくゲップの方法について学びたくなったらレッスンにご予約ください。

 

Pocket

授乳後のゲップについて」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 赤ちゃんの生活姿勢を統一 | ニコベビー流まんまる育児

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください