抱っこ時の姿勢について

Pocket

こんにちは。

前回の答えをお答えしましょう。

問題はこちら

体の軸が僕の抱っことは違いななめ軸になっています。

この場合はひざ裏を腕にひっかけている状態になります。

足が引っかかっているので赤ちゃんは自由に膝から足を動かせません。

動かすと落ちてしまいそうになるので緊張します。

そのため背中がCの字カーブにならず緊張して力が入っているので直線的になっています。

頭とお尻の位置を同じぐらいになるように包み込むことで安定感が増し、体もリラックスできるのでCの字カーブになりやすいのです。

あなたの今の抱っこを鏡に映してまんまる抱っこをしてみてください。

この抱き方はニコベビー流のいくつかあるまんまる抱っこの中の一つです。

その赤ちゃんの状態により抱き方は変わります。

育児は自由です。

信じるも信じないもあなた次第です。

抱っこ時の姿勢について

目次

  1. ママの姿勢について
  2. 赤ちゃんの姿勢について

1、ママの姿勢について

実はこれが一番大事です。

抱っこする人の姿勢が安定していると赤ちゃんは泣き止みます。

妊娠後のママの骨盤はとても不安定な状態です。

不安定な体で抱っこすることで赤ちゃんは不安を感じ怖くなり泣き出すことがあります。

パパが抱っこすると泣き止むけどママが抱っこすると泣き出すという事態はそれを物語っています。

パパの体と出産後のママの体では姿勢、体幹が違います。

安心、安定する体は出産後のママに比べるとパパになり赤ちゃんはパパに抱っこを求めるのではないでしょうか。

ですから、ママはパパに抱っこをしてもらい自分の体のケアをすることが大事です。

体力の回復、筋肉、体幹、骨盤と出産後のママにはしなくてはいけないことがたくさんあるのですから。おおいにパパに甘えて抱っこを任せましょう。

ママの姿勢 

  • 骨盤を意識する
  • 立ち姿勢を見る
  • お腹に力を入れる

出産前と後で一番変化した場所は骨盤です。

骨盤を立たせるように意識します。

チェック!

  1. 膝立ちになりお尻の位置に来るようにクッションを置きます。
  2. 両膝が開いているなら必ずくっつけます。
  3. そのままお尻を下ろしていき正座します。

姿勢が整いピンと背筋が伸びていませんか・

これが正しい姿勢です。

頭からお尻までに芯が入ったようになったと思います。

この姿勢で抱っこしてあげてください。

2、赤ちゃんの姿勢について

赤ちゃんの姿勢は手は胸の前、足はM字開脚です。

そして背中はCの字カーブです。

この姿勢になるように抱っこします。

手や足の高さや頭からお尻までのねじれなどに注意してください。

キレイな抱っこが出来ると赤ちゃんの反応が変わります。

  • 緊張が解けるので体が柔らかくなる
  • 血流が良くなり手足まで温かくなる。
  • 顔の表情が穏やかになる
  • 眉間にシワを寄せない
  • 口元が微笑んで見える
  • 体を動かさない
  • 落ち着いている

そんな赤ちゃんの変化が起こったら抱っこのプロになれた証拠です。

ニコベビー流のまんまる抱っこを習いにレッスンにいらしてください。

 

 

 

Pocket

抱っこ時の姿勢について」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ニコベビー流まんまる抱っこ | ニコベビー流まんまる育児

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください