右への向き癖が心配

Pocket

こんにちは。

今回のレッスンには向き癖を心配して来店されました。

SuGuNeに寝かせると右向きになりました。

僕は向き癖を改善させるためには見る場所を頭にとらわれてはいけないと思っています。

向き癖の原因は頭ではない!

全ての原因は全体を通して見えてきます。

SuGuNeに寝かせてチェックしていきます。

まずは追視です。

右側は頭を動かして追視出来ましたが左側は目で追う事は出来るのですが頭を動かそうとすると途中で跳ね返されるように右向きになってしまいました。

頭を左側にすると何かに邪魔される感じです。

向き癖を気にするときには全体の姿勢を見るようにします。

肩とコシもいっしょにチェックします。

左肩が下がり、右肩が上がっています。

腰は右腰が下がり、左腰が上がっています。

捻じれている姿勢になっていました。

人間の体は真っすぐにバランスをとるようになっていると聞いたことはありませんか?

片側だけのねじれだと回ってしまうので左右にねじれることで真っすぐになろうとしているのです。

向き癖を直すには体全体のねじれを改善することが大切だと考えています。

そこで改善するためにしたこと

  1. 体操
  2. おくるみ
  3. あっきースリング

体がリラックスすることで緊張がなくなれば正しい姿勢になりやすくなります。

眉間のしわが取れ熟睡しながら2時間のレッスンが終わりました。

SuGuNeに寝かせてもう一度チェックしました。

頭は上を向き、肩、腰の位置も左右対称になっていました。

赤ちゃんの向き癖は姿勢からなるものだったようです。

向き癖を心配して来店されたので上を向けるようになった赤ちゃんに感激していただけました。

レッスンではパパやママの気になることを中心としてレッスンしています。

育児は自由です。

信じるも信じないもあなた次第です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください