まんまる育児のデメリット

Pocket

こんにちは。

ニコベビー流のまんまる育児のデメリットは何なのかを考えてみました。

Cの字カーブの背骨を持ち、手は胸の前、足はM字開脚はお腹の中の姿勢です。

しかし、今の時代はしゃがむという動作を普段からしなくなりました。そのため骨盤筋が鍛えられていないので赤ちゃんを支えるお腹の維持が出来ず丸いお腹が出来にくくなっています。

なぜ丸いお腹が良いかというと長細いお腹よりもお部屋が広くなるので成長しやすく丸い姿勢を保ちやすいからです。

妊娠する予定があるなら妊娠する前からの骨盤ケアをおススメします。

生まれた後に赤ちゃんを縦抱っこしたり硬いマットレスで寝かせたり丸くなれない姿勢で生活をしている赤ちゃんもまるい姿勢になりにくくなります。

つきたてのお餅を想像してみてください。

柔らかく形も自由に変化します。平らなところに置いておくと冷めたときには平らに固まります。

赤ちゃんもつきたてのお餅と一緒で平らなところで寝かせておくと平らな背中になります。そして両手、両足は大の字になります。

固まった姿勢を丸くするまでは体の緊張を解き柔らかな体にする必要があります。

骨折などをしてギブスなどで固定されるとリハビリをします。

本来なら動く方向でも固定されていることで動かせなくなるのでリハビリには痛みが伴います。ただし、動くようになるためにはしょうがないことです。

赤ちゃんも同じで動かせなくなった体を動くようになるにはリハビリが必要でそれには痛みが伴います。

この痛みをママがどう感じるかがまんまる育児をメリットと感じるかデメリットと感じるかだと思います。

もともと硬い体だから問題ないと考える方に丸くしましょう言っても賛同は得られません。

「丸い体になるために泣いているんですよ」

そんなこと言われても

「泣いているから可哀そう」

と感じることでしょう。

まんまる育児はデメリットだらけに感じるでしょう。

赤ちゃんは柔らかい体だと思っていたけど我が子は硬いと疑問に思っているママにはまんまる育児はドンピシャに納得できる育児に感じるはずです。

柔らかな体の魅力にリハビリ中の赤ちゃんの苦痛の顔にも愛情を持って対応できるでしょう。

そして指が口まで届かなかったのに届くようになったり、体が柔らかくなったりと変化が出てくるとまんまる育児はメリットでしかなくなります。

まんまる育児をどう感じるかはあなた次第です。

ニコベビー流のまんまる育児の考え方に魅力を感じやりたいと思ったら時から始めましょう。

そうなんです。

たくさんある育児法のメリット、デメリットを探すのではなくあなたが我が子にしたいと思うかどうかが大事だと思うのです。

あなたが決めた育児なら良いと感じるなら続ければいいし、違うと感じたらやらなければいいと思います。

あなたの直感を信じましょう。

ニコベビー流のまんまる育児を全て受け入れる必要はないと思います。

合う合わないはその子によっても違うと思うのです。

楽しいと感じることからはじめ、今は違うと感じることも時間が経つと気になる時があります。

その時に始めてみればいいのです。

もっとニコベビー流まんまる育児を知りたい方はレッスンでお待ちしております。

育児は自由です。

信じるか信じないかはあなた次第です。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください