manmaru-nenne-3

お布団が硬くなった理由

Pocket

こんにちは。

柔らかいお布団がなぜダメだといわれているのか?

うつぶせ寝が平成に入り流行りました。

その際に柔らかいとお布団が沈み、窒息する危険があると言うのが一番の理由です。
でも、硬い布団でも窒息する危険はあります。
頭の枕やシーツ、毛布などが顔を覆って窒息する危険だってあるのです。

柔らかい布団だからダメだというのは横暴だと思います。
どんな物でも危険がないわけではないのです。

それに数年後にはうつぶせ寝はなくなりました。

SIDS(乳幼児突然死症候群)になる可能性があるとされあお向け寝に戻りました。

実際には日本にうつぶせ寝が入ってくるときには欧州は禁止され、アメリカでも禁止の方向になってきていたらしいです。

新しもの好きの日本人は危険性のあるうつぶせ寝を流行らせたのです。

柔らかい布団は背骨が変形するとか、窒息する恐れがある悪者として硬い平らな布団はどんどんと進化していきました。

本来はうつぶせ寝による窒息防止のためのものが

あお向け寝になっても硬くて平らな布団が良いことにされてしまいました。

6万円以上する硬い布団を購入しその後SuGuNeを知り来店されたお客様は硬い高級布団のことを話してくれましたがSuGuNeに寝かせたら泣くどころかニコニコしてそのまま寝てしまいました。

それを見て日本で一番硬い布団を買ったのに寝てくれない高級布団からSuGuNeに買い換えられて帰りました。

manmaru-nenne-3

大事なのは赤ちゃんに合うかどうかです。

まずは自分で確かめ、体験することをおススメします。

ニコベビーでは現在、新生児用のSuGuNeも通信販売をすることにしました。

こんなにまんまるが良いと言っているのになぜ新生児用のSuGuNeを販売してくれないのか?とたくさんのお声をいただいていました。

ニコベビーとしては危険性を減らすこと、道具が変わっても赤ちゃんは変わらないので体を改善するためのレッスンを受けてもらいたいなどの理由があるのですが。

まんまる育児をするかたのお役に立てるならとSuGuNeを先に販売することにしました。

それだけで改善し良く寝る子になれる子もいます。そんな子たちを助けられたらいいなと思います。

それでも寝られるようにならない子は姿勢の問題です。

コリや張りでまるい姿勢になれない子はニコベビーのレッスンにお越しください。

まるい姿勢になるために一日の生活を教えます。

新生児用SuGuNeは通信販売もしますがどうしても小田原に行けないという方のみにして下さい。

通信販売をご希望の方はメールでご連絡ください。

odawara@ackeyshop.jp

育児は自由です。

信じるか信じないかはあなた次第です。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください